Sayuri's Blog

2014年10月25日

第2回映画鑑賞会

第1回は、「ロシュフォールの恋人たち」でしたハートたち(複数ハート)

第2回は…

タイ人たちとタイの映画を観よう☆.。.:*・

明日、2014年10月25日(土)
@サムロータイレストラン&カフェ広尾店1FL

3:00pm〜
ブンミおじさんの森131685073789213202196_boonmee.jpg

6:00pm〜
バンコック・デンジャラス
ニコラス・ケイジ主演

1杯のご注文でどなたでも参加できます。






posted by SaamRoa at 00:09| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | タイの映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月30日

タイの映画 Coming to Roppongi

第4回アジアンクィア映画祭(AQUFF)

2013年5月24日(金)~26日(日)
5月31日(金)~6月2日
シネマート六本木
「愛なんていらない」
監督:Tanwarin Sukkhapisit
「ジェリーフィッシュの恋」
監督:Saratsawadee Wongsomphet


タイの映画見て、We 黒ハートThailand展を観にサムロー広尾店にらして、
タイ料理食べていって下さ〜いレストラン

麻布十番サムロータイレストラン本店の方が近いですね・・・。



posted by SaamRoa at 13:46| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | タイの映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月23日

タイの映画観られます。@有楽町

メコンホテル (2012)

http://www.asia-network.co.in/MovieFestival8.htm

タイ料理食べてタイの映画は如何ですか?
勿論、SaamRoaへいらして下さいねかわいい揺れるハート揺れるハート



posted by SaamRoa at 01:00| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | タイの映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月25日

「帰り道」 東京国際映画祭@六本木ヒルズ

帰り道」観てきました。5261cd1e-s.jpg


今回の東京国際映画祭では、私は、仏「マリーアントワネットに別れを告げて」と伊「二ーナ」を観たのですが、

タイが一番よかったように思います。

勿論衣装の豪華さや華やかさではフランス映画にかないませんが、恐らく多額のお金をかけていないだろう・・・水の中に浮かぶ花びらやタイ国特有の街のライティングのとり方など「タイ」ならではの物での映像に感動しました。

妹役泣きすぎ・・・お通夜では目頭にガンタンをつけて出てくるほど、泣きはらしてた・・・
姪の面倒を見るなど、お姉さんを助けていたのに・・・もっと助けたかったのに出来なかった無念さ・・・
妹役があまりにも泣くので、かえって涙こらえて言葉が少ない娘たちの演技が光っていました。

煙突の煙とタバコの煙・・・この辺「煙が目にしみる」を思い出し・・・
姉妹が心通い合うシーン。わずかな希望が見えて救われるし、他のシーンで、ところどころ笑いもとっていました。
舞台化も出来る脚本ですね。


どこまでも続く道なりは、ミャンマー人を連れてメソートに向かう途中を思い出しました。
私もその時映画と同じように検問にあいました。
母を亡くしたばかりの不安がよく現れていたと思います。

病院シーンちょっと退屈だったけど、テーマがしっかりしていて
出稼ぎ、家族離散、ドラッグ、同性愛、タイで多い日常問題も取り上げてますし、なんといっても、脚本家兼監督、制作の方のお二人ー。
いかにもタイの好青年ーといった感じでこちらも評価高い^^


親の愛情足りなくて、学校行かない、タバコにはしる・・・
貧困、ドラッグ、嫉妬・・・
タイでの問題は、まだまだ私にとってそこにいたる心理が理解しやすいから、恋愛ものでも何でもタイ映画は単純でわかりやすいものが多い気がする。
引きこもりとかまだ聞いたことがないし。着ていく服がなくて学校に行かないは聞いたことあるけど。


10月28日(日)まだ観られます。
六本木ヒルズタイ映画観て・・麻布十番SaamRoaによってタイ料理食べて行って下さいね。
私が一日働いているので、タイについて語りましょう!!
28日の舞台挨拶では、妹役の女優さんがいらっしゃるようです。美人ですよ揺れるハート(ポスターの方です)




イタリアにはイタリア語通訳がついたのに、タイは監督の方英語話せましたが、せっかくタイ人を連れて行ったのにタイ語通訳がつかなくてとても残念でした。

序に「ニーナ」は、階段シーン、折り紙シーン、マスクをかぶってダンスするシーンなどの映像は綺麗、オペラ、カンツォーネが流れる映画でしたが・・・退屈でした。
どうも監督自身を表した映画のよう。
未来が想像できない不安を抱えた若者とおっしゃってました・・・
人生地獄あり天国あり〜みたいなイタリア的発想は、イタリア映画が君臨していた時代で終わってしまったのでしょうか。
ちょっと変わった女の子を題材にするのであれば、仏の「アメリ」思い出しました。これはユニークな映画です。


フランス映画は、この映画に限らず、手をそんなに加えてない素の女性の美しさが素晴らしい。
やはり・・・それほど悲しめず、残酷さも感じられず、これで終わり・・・?もっと感動したいのに・・・みたいなのが残る・・・
色彩は鮮やか。
フランス映画の特徴のように?思います・・・。
posted by SaamRoa at 16:33| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | タイの映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月16日

東京国際映画祭@六本木ヒルズ

http://2012.tiff-jp.net/ja/schedule/


2012/10/20~六本木ヒルズのシネマで東京国際映画祭があります。

観たい映画が沢山・・・でもお店に入っているのでいけないのばかり。

オールナイトでやってくれればと思います・・・

タイからは「帰り道」どんな映画か知りませんが、私は観にいきます!
10/24 10:50 ~
10/28 18:40~
1300円

皆さんもタイの映画、観てみませんか?

帰りは・・・麻布十番サムロー本店に寄って下さいねレストラン

ヒルズから7分くらいで着きます。
商店街の道を豆源、かりんとうのお店まで歩き、玩具屋を右に曲がる。雑式通りをまっすぐ仙台坂に向かって歩きます。
左側に朱色の建物SaamRoaがあります。


posted by SaamRoa at 19:31| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | タイの映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。